ソーラーパネルの特徴やメリットとは?初心者がおさえておきたいポイントなどをご紹介

ソーラーパネルを設置するメリットとして自分の家で発電する電気を利用することで、日々のコストを抑えることができるという点があります。
一方で電力を電力会社に販売できるというメリットもあるため双方で利益を得ることも可能です。
利点だらけかといわれると必ずしもそうでは無く、デメリットもあるためそのあたりの情報を見極めて判断する必要があるということは覚えておいたほうが部なのです。
全体のコストも考えて投資という視点で考えます。

ソーラーパネルの特徴やメリットとは?初心者がおさえておきたいポイントなどをご紹介

まずソーラーパネルを設置する際には、初期投資が発生するというのがポイントの一つです。
一般的に住宅に設置する設備一式は百万から数百万程度が目安であるため、コストの回収には10年程度は見込んでおかないと厳しいというのがソーラーパネルの特徴です。
仮に電気料金が年間10万円だとして、その半分を太陽光発電で賄ったとしても20年たたないと回収ができません。
もちろん売電の利益も得ることは可能ですが価格も下がってきているため厳しい状況です。

住宅の断熱性能を高めてくれるソーラーパネル

太陽光発電に利用するソーラーパネルは、一般的には住宅の屋根に設置し太陽光を受け止める役割を果たすことになります。
そのため結果的に屋根に直接あたる太陽光を遮る効果を示すため、断熱効果が高まることがメリットです。
住宅の屋根は直射日光にさらされその熱を含んでしまうため、これが屋根を通して室内に伝わりその温度が上昇してしまうことが少なくありません。
またや屋根自体も直射日光にさらされることで塗装等が劣化し、その対策を行うことが必要となります。
ソーラーパネルを設置することで直接当たる太陽光を遮ることになり、天井の空気が温められることが少なくなることで、室内の環境を改善する効果を示すため、結果的に非常に良いものとなっているのが特徴です。
太陽光発電は単純に電気を生み出すだけではなく、住宅に対して様々な良い効果をもたらすと言う面があります。
エネルギー効率を高める上では非常に良いものとなっているため、これを十分に理解した上で効果的に利用することが良い方法です。

ソーラーパネルを設置するメリットとは?

ソーラーパネルを設置することには数多くのメリットがありますが、その1つに挙げられる事は、なんといっても電気代の節約につながる点です。
通常であれば、家庭で使う電気はすべて電力会社から購入する形となるでしょう。
しかしソーラーパネルで自家発電を行えば、本来であれば購入するはずだった分の料金を大幅に削減できるようになるのです。
電力プランによっても異なるものの、日中の電力供給と比べた場合には、夜間の供給のほうは大幅に安くなります。
日中は自家発電を使い、低価格の夜間だけは購入することにより、大きな光熱費抑制効果が期待できるのです。
さらには余った電力は場合でも十分に可能となっています。
使い切れずに余ったものを余剰電力と呼んでいますが、これは売却することができます。
電力の余った分を得ることにより、光熱費を浮かせながら、さらに収入も得られるため、これは家計にとっても嬉しいメリットの1つになります。
その他にも蓄電池に貯めることで災害時の備えにもない、環境に優しいことも嬉しい魅力です。

屋根が傷むのも防げるソーラーパネル

節電を行いながら自給自足の電気生活を実行したいのでれば、最近益々需要が高まってきているソーラーパネルを設置すると良いでしょう。
屋根に取り付けるだけで勝手に太陽光から電気を作り出してくれるので、自然にも優しくて快適なエコ生活が送れる点では非常に優れていると言えます。
しかも、ソーラーパネルを設置することで生まれる様々なメリットがあり、なかでも特に有名なのが屋根が傷むことを防げるようになることです。
どうしても雨や風などにさらされることが多いですが、取り付けることで自然と防御しているようなかたちになるので、傷や損傷をしにくい状態にできるとされています。
ただし、どんなに大きなメリットがあったとしても、値段がそれなりに高くついてしまうため、設置する場合にはある程度の予算をしっかりと確保してから決断するようにしましょう。
計画的に行えば必ず快適な生活が送れるようになりますし、節電節約ができて素晴らしい日々が過ごせるようになります。

ソーラーパネルを導入する最適なタイミングとは?

ソーラーパネルを導入するにあたり最適なタイミングとして、まず第一に新築時があげられます。
新築時に設置することによって住宅ローンに含めることができ、発電効率を考えて設計することができます。
また工事費用を安くすることができるでしょう。
新築時であれば、設置にかかる費用と住宅購入のためのローンを一緒に組むことが可能です。
ローンを1つにまとめられる事は大きなメリットの1つといえます。
金利の安い籠にまとめることができれば、初期費用の面でもかなりお得になります。
そして後付けで導入することも、場合によっては最適なタイミングと言えます。
固定資産税の負担が軽くなったり、時間をかけて商品を選ぶことができる、屋根のリフォームも同時にできるなどのメリットが挙げられます。
特に古い家屋の場合には屋根の老朽化が進んでいる傾向にあるので、ソーラーパネル設置と同時に一緒に屋根のリフォームをすることにより一石二鳥となるでしょう。

著者:大崎臨也

筆者プロフィール

島根県松江市生まれ。
地元の電力会社に長年勤務。
問い合わせの多いソーラーパネルについて記事を書きました。
松江 家庭用蓄電池